脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 > スキンケア次第で敏感肌は変わる! 正しい化粧品の選び方&肌のお手入れ方法 > クレンジング

クレンジング

敏感肌の負担を減らすクレンジングのやり方や選び方を紹介。おすすめクレンジングもピックアップします。

クレンジングが敏感肌をつくる?

メイクをする度に必要になるのがクレンジングです。しかし、敏感肌の人は、クレンジングやメーク落としに注意をしなければいけません。

クレンジングの際に、肌を保護する皮脂や毛穴の中の皮脂膜を取り去ってしまうことがあるからです。

皮脂や皮脂膜は、肌を保護して保湿作用も担っていますが、これがなくなってしまうと肌は乾燥するようになり、その結果敏感肌になってしまうのです。

肌をこすりつける摩擦によっても、肌は痛みます。クレンジング剤をメイクになじませることで肌を摩擦し、敏感肌の状態がますます進んでしまう可能性もあります。

拭き取りタイプのクレンジングは肌に負担大なので、敏感肌の人は使わないようにしてください。敏感肌の人は短時間でメイクとなじみ、刺激の少ないクレンジングを選ぶ必要があります。

くれぐれも熱いお湯は使わないこと!すぐにすすげる上、洗った後もスッキリしますが、皮脂まで一緒に洗い流してしまいます。ぬるま湯か水でクレンジング剤を残さないようにすすぎましょう。

おすすめのクレンジングは?

皮膚に刺激を与えにくいクレンジングとしてホホバオイルやオリーブオイルを使うことができます。刺激の少ない石けんもいいでしょう。

そのほか、ジェルタイプやミルクタイプ、クリームタイプが肌にあまり刺激を与えません。

ただし、刺激を与えないぶん洗浄力が高いわけではないので、ウォータープルーフのマスカラなどは、専用のポイントメイクリムーバーで落とすようにしましょう。

オススメのクレンジングは次の3つです。

ヒフミド クレンジングミルク■ヒフミド クレンジングミルク

120ml/3240円

セラミドの入ったミルクタイプのクレンジング。低刺激処方の肌に優しいメイク落としです。

伸びの良いテクスチャーで肌に潤いを与えながら、優しく洗浄。

たっぷり手にとり、肌になじませながらメイクや汚れを浮かして落とします。

安心の無添加処方で、アレルギーテスト・スティンギングテスト済みなのも嬉しい。

クリニーク 敏感肌用クレンジングクリーム

■クリニーク 敏感肌用クレンジングクリーム「RD ソリューションズ マイルド クレンザー」

145g/4536円

低刺激のクリーニークのクレンジング。

ゆるめのテクスチャーがメイクとよくなじみます。

チェリー大ほどの量を手に取り、顔全体になじませてから、ぬるま湯ですすぎ流します。 

保湿効果も期待できるので、敏感肌の方だけでなく、乾燥肌の方も愛用されているようです。

オラクル メイクアップ・リムーバーミルク

■オラクル メイクアップ・リムーバーミルク

150ml/4860円

美容液のようにさらさらしたテクスチャ。シトラスフローラルの優しい香りに癒されます。

お米由来のデンプン成分が、肌のくぼみに入り込み、メイク汚れを浮かして、すっきりオフ。

肌を柔らかくしながら、スルリと洗い流すクレンジングで、洗い上がりはモッチリ肌に。

薄いメイクが改善のカギ

敏感肌用のメイク落としはここ数年でいいものがどんどん登場しています。しかし、肌に負担を与えないわけではありません。

肌になじませるためには、何度も肌を触らなくてはなりませんし、どうしても必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるからです。

乾燥のひどい人は、皮脂が不足してるのも原因です。アイメイクなどはポイントリムーバーで落とし、ファンデーションはミネラルファンデ、パウダーなど、石けんで落とせるものにとどめるのがいちばんです。

肌の負担を減らすことが、敏感肌を改善させるカギとなります。

脱・敏感肌のために読んでおきたいページ

敏感肌の方に
贈りたい!

おすすめ化粧品
ブランドランキング

肌に優しいのは当たり前!荒れた肌をいたわりつつ、元気な肌に育ててくれる化粧品ブランドを厳選して比較。ランキングにまとめました。

 

健康肌に
生まれ変わろう!

敏感肌のスキンケア
対策法まとめ

敏感肌の原因ってなに?スキンケア化粧品の選び方は?…そんな疑問をまとめて解決!健康肌に生まれ変わりたい方必見です!

 

あの美容家から
美肌をつくるコツを学ぼう!

敏感肌を変える
美肌セミナー一覧

プロからスキンケアのコツを学べる美肌セミナー5つをご紹介! 有名な美容家からお手入れテクを教えてもらいたい人、あつまれ~!

 

このサイトについて

このサイトは私マイが個人的に収集した情報から成り立っています。
商品にかんする最新・詳細情報は各化粧品ブランドのHPからご確認ください。

Copyright (C) 脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 All Rights Reserved.

↑