脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 > お悩み別 敏感肌向けお手入れ方法まとめ > しみ・くすみ

しみ・くすみ

敏感肌は普通肌よりもしみやくすみができやすくなります。敏感肌に効果的な美白ケアについて解説します。

しみのできやすい敏感肌敏感肌はしみやくすみができやすい肌質だと言えます。まずはしみから解説しましょう。

敏感肌としみの関係

しみの原因でまず思い浮かぶのは紫外線でしょう。敏感肌の人は健康な肌の人よりもメラニン色素が沈着しやすいため、しみができやすくなります。

また、バリア機能が低下しているため、紫外線のダメージをモロに受けてしまいます

では、日焼け止めをしっかり塗ればいいかというと、そうとも言えません。日焼け止めはSPFやPAが高ければ高いほど刺激が強くなるため、紫外線が防げたとしても肌の状態が悪くなってしまうのです。

敏感肌でもつけることのできる日焼け止めクリームなどもありますが、日傘を使ったりSPFやPAが低めの日焼け止めを選んだりするようにしましょう。

敏感肌とくすみの関係

敏感肌の人は赤みができやすいため、顔色が場所によって異なることがあります。血行が悪いので血色を悪く見せることも。

肌の表面が荒れることでツヤも失ってしまいます。ツヤがなくキメの乱れた肌は、光が乱反射して透明感を奪います。それがくすみにつながってしまうのです。

敏感肌のくすみケアは、まずはキメを整えることを目標にしましょう。バリア機能を高めるためにセラミド入りの化粧品を使ったり、バランスの良い食事や規則正しい生活も心掛けてください。

敏感肌の状態を改善させることが、くすみを解消するいちばんの解決策です。

敏感肌でも美白はできる?

敏感肌の人は肌の状態が悪いため、美白作用のある成分がしっかり浸透しないことがあります。どんなにがんばって美白ケアをしても効果が出ない人は、まずは肌の状態を改善させることが大切です。

ツヤとハリのある肌は、それだけで美しく見えるものです。もちろん美白成分入りの敏感肌用化粧品を使うのもいいでしょう。その場合は、成分が優しいもの(できれば敏感肌用)を選ぶようにしてください。

まわり道のように感じても、まずは敏感肌の症状を落ち着かせ、肌本来の力を引き出すことがしみ・くすみケアにつながります

敏感肌を改善させるためには、シンプルケアを心がけ、厚いメイクを避けるようにしてください。

脱・敏感肌のために読んでおきたいページ

敏感肌の方に
贈りたい!

おすすめ化粧品
ブランドランキング

肌に優しいのは当たり前!荒れた肌をいたわりつつ、元気な肌に育ててくれる化粧品ブランドを厳選して比較。ランキングにまとめました。

 

健康肌に
生まれ変わろう!

敏感肌のスキンケア
対策法まとめ

敏感肌の原因ってなに?スキンケア化粧品の選び方は?…そんな疑問をまとめて解決!健康肌に生まれ変わりたい方必見です!

 

あの美容家から
美肌をつくるコツを学ぼう!

敏感肌を変える
美肌セミナー一覧

プロからスキンケアのコツを学べる美肌セミナー5つをご紹介! 有名な美容家からお手入れテクを教えてもらいたい人、あつまれ~!

 

このサイトについて

このサイトは私マイが個人的に収集した情報から成り立っています。
商品にかんする最新・詳細情報は各化粧品ブランドのHPからご確認ください。

Copyright (C) 脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 All Rights Reserved.

↑