脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 > お悩み別 敏感肌向けお手入れ方法まとめ > 乾燥

乾燥

敏感肌の原因は、そもそもは乾燥です。とくに乾燥がひどい場合は肌がガサガサしたり、白い粉をふくことも。肌に負担を与えず乾燥をケアする方法を紹介します。

肌のガサガサを招く乾燥

乾燥には優しい洗顔を肌が乾燥すると、小じわやたるみの原因になります。これは乾燥肌や敏感肌に限らず、どんな肌タイプにも共通しています。

しかし、敏感肌の場合は乾燥によってバリア機能が維持できず、結果として肌荒れや赤み、かゆみが生じます。肌はゴワゴワと硬くなり、ガサガサしたりヒリヒリしたり。

敏感肌の人が乾燥を改善させるには、まずはバリア機能を復活させることがカギ。同時に、これ以上バリア機能を低下させないために、肌に刺激を与えないことが重要です。

紫外線やほこりなどの外的刺激から肌を守り、摩擦を避けるよう心がけましょう。洗いすぎたり塗りすぎたりすることで、肌はさらにダメージを受けてしまいます。

敏感肌の乾燥対策は?

ここでは、スキンケアの要、洗顔と保湿に焦点を当てて、潤いをキープするスキンケア方法をお教えします。

【洗顔・クレンジング】

まずは洗顔やクレンジングの頻度を見直してみましょう。

そもそも敏感肌の人は、濃いファンデーションは選ぶべきではありません。ベースメークは行わないか、パウダーで色味を調整する程度がベターです。とくに、毎日のフルメイクはNGです。

濃いメイクをしなければ専用のクレンジングは必要ありません。クレンジングは濃いメイクも落とせる処方になっているため、肌へどうしてもダメージを与えてしまいます。

ノーメイク(ポイントメイクはOK)もしくは薄いメイクを、泡立ちが豊かで成分の優しいソープや石けんでいたわりながら落とすようにしましょう。

【保湿】

次に保湿です。乾燥を防ぐためには、まず水分を与え、クリームや乳液でフタをして肌表面が乾かないようにします。

滲みるような化粧品は避け、できるだけ自然由来の原料で作った刺激の少ない化粧品を選ぶようにしましょう。

先行美容液・化粧水・美容液・目元美容液・クリーム・乳液…といったように、数多くの化粧品を肌に重ねていくのは、あまりオススメできません

化粧水で水分を与えたら、クリームでフタをする程度がベターです。ベストなのは、浸透力の高いオールインワンタイプの化粧品。何度も肌をこすらないで済むので、肌へのダメージを最小限にとどめることができます。

脱・敏感肌のために読んでおきたいページ

敏感肌の方に
贈りたい!

おすすめ化粧品
ブランドランキング

肌に優しいのは当たり前!荒れた肌をいたわりつつ、元気な肌に育ててくれる化粧品ブランドを厳選して比較。ランキングにまとめました。

 

健康肌に
生まれ変わろう!

敏感肌のスキンケア
対策法まとめ

敏感肌の原因ってなに?スキンケア化粧品の選び方は?…そんな疑問をまとめて解決!健康肌に生まれ変わりたい方必見です!

 

あの美容家から
美肌をつくるコツを学ぼう!

敏感肌を変える
美肌セミナー一覧

プロからスキンケアのコツを学べる美肌セミナー5つをご紹介! 有名な美容家からお手入れテクを教えてもらいたい人、あつまれ~!

 

このサイトについて

このサイトは私マイが個人的に収集した情報から成り立っています。
商品にかんする最新・詳細情報は各化粧品ブランドのHPからご確認ください。

Copyright (C) 脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 All Rights Reserved.

↑