脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 > 敏感肌とは?肌のメカニズムからその原因を探る > 敏感肌の原因

敏感肌の原因

生まれつき敏感肌の人もいれば、普通肌だったのに何らかの原因で敏感肌になってしまった人がいます。まずは敏感肌の原因と主な症状を紹介します。

敏感肌の主な原因はコレ!

敏感肌の原因って何だろう?敏感肌になってしまう原因は、大きく分けると次の2つです。

  1. ダメージの積み重ねによって肌の機能が低下している。
  2. もともと(生まれつき)肌が弱い。

1の「肌の機能の低下」は、「バリア機能の低下」とも言い換えることができます。バリア機能とは、肌の最上部にある角質層が備えている働きのことで、肌を刺激から守る機能です。

これが低下してしまうと、守ってくれるものがなくなってしまった肌は敏感に刺激を感じるようになります。

バリア機能が弱くなる原因にも、いろいろとあります。当てはまるものをチェックしてみて下さい。

肌バリアが弱くなる12個の原因
1 乾燥
2 間違ったスキンケア
3 偏った食生活
4 水道水
5 加齢
6 ストレス
7 不規則な生活
8 外的刺激
9 季節の変わり目、生理前
10 乾燥する季節や環境(エアコンなど)
11 アレルギー
12 便秘

これらの原因は肌にダメージを与えますが、ダメージが積み重なると、肌の機能はどんどん低下してしまいます

2のもともと肌質が弱い人も、原因をしっかり取り除かないと、敏感肌の症状が進んでしまいます。ただ、バリア機能を高めることで、敏感肌を普通肌の状態に変えることもできるので、日ごろのお手入れを見直すことが大切です。

敏感肌の症状

敏感肌になると、顔がヒリヒリしたり、化粧品が滲みるといったトラブルが起こります。乾燥も敏感肌の症状であり、乾燥肌と敏感肌はイコールだと考えることもできます。

かゆみ、赤み、ニキビ、吹き出物、毛穴の開き、肌のゴワつきなども敏感肌の症状として挙げることができます。

敏感肌は顔だけの症状ではありません。ヒザやヒジのかさつきやかかとのひび割れなども敏感肌の症状に当てはまります。

つまり何らかの肌トラブルを継続的に抱えている状態は、敏感肌に分類することができます。

バリア機能を高めるためには

もともと肌が弱い人はバリア機能を高めるようなケアが必要です。また、もともとは健康的な肌だったのに肌質が敏感肌に変わってしまった人は、原因を取り除いた上でバリア機能を高めるように心掛けましょう。

バリア機能を高めるためには、ストレスや不規則な生活・食生活を見直した上で正しいスキンケアが必要です。敏感肌のスキンケアは、次の2つのポイントが大切になります。

肌を乾燥させないための保湿を心掛ける。

肌に負担とならない低刺激の化粧品を使う。

敏感肌の人は保湿が欠かせません。敏感肌は乾燥しやすく、乾燥は敏感肌の原因ともなるからです。低刺激の化粧品で、しっかりと保湿してあげましょう。

低刺激の化粧品とは、アルコールや鉱物油、着色料といった刺激となる添加物が入っていない化粧品のことです。こういった化粧品は「敏感肌用」として発売されています。

ただし「敏感肌用」とうたわれている化粧品にも、人によっては刺激となる成分が入っていることがあります。刺激を感じた場合は、使用を中止するようにしましょう。

脱・敏感肌のために読んでおきたいページ

敏感肌の方に
贈りたい!

おすすめ化粧品
ブランドランキング

肌に優しいのは当たり前!荒れた肌をいたわりつつ、元気な肌に育ててくれる化粧品ブランドを厳選して比較。ランキングにまとめました。

 

健康肌に
生まれ変わろう!

敏感肌のスキンケア
対策法まとめ

敏感肌の原因ってなに?スキンケア化粧品の選び方は?…そんな疑問をまとめて解決!健康肌に生まれ変わりたい方必見です!

 

あの美容家から
美肌をつくるコツを学ぼう!

敏感肌を変える
美肌セミナー一覧

プロからスキンケアのコツを学べる美肌セミナー5つをご紹介! 有名な美容家からお手入れテクを教えてもらいたい人、あつまれ~!

 

このサイトについて

このサイトは私マイが個人的に収集した情報から成り立っています。
商品にかんする最新・詳細情報は各化粧品ブランドのHPからご確認ください。

Copyright (C) 脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 All Rights Reserved.

↑