脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 > 敏感肌向けスキンケアで注目したい成分はこれだ! > 肌を育てる成分

肌を育てる成分

肌荒れやターンオーバーの期間を正常にしたり促進させたりする化粧品の成分はセラミドです。その働きについて解説していきます。

ターンオーバーの乱れがセラミド不足や肌荒れの原因に

ターンオーバーの正常な肌ターンオーバーが乱れると敏感肌の状態がさらに悪くなり、肌の状態が悪くなるとターンオーバーが乱れるという悪循環にはまってしまうことがあります。

こうなるとセラミドが不足し、肌荒れのおこりやすい肌に。

肌の状態を修復させたり再生させるためにはターンオーバーを正常にする必要があります。

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのサイクルのこと。表皮の中でも下のほうにある基底層で生まれた細胞が、成熟しながら表皮の最上部にある角質層にまで到達する期間をさします。

到達したばかりのフレッシュな細胞は健康的で美しい肌を作り、やがて古い角質となって剥がれ落ちていきます。

ターンオーバーを促進する化粧品でケアを

理想的なターンオーバーの期間は28日と言われていますが、これは20代の肌でなければ難しい期間です。実際には30代では40日、50代では75日ぐらいはかかると言われています。

28日はあくまで理想であり、年代に合わせて長くなりすぎないようにすることが大切。自分の年齢に1.5をかけた数字が年代別のターンオーバーの目安になります。

ターンオーバーが長くなると肌は透明感を失いシミが増え、セラミドが作られにくくなることから乾燥しやすくなります。

そのため、ターンオーバーを促進するような成分が入った化粧品を使うようにしましょう。

ターンオーバーを促進する成分は、ビタミンAやC、酵母エキスやプラセンタなど。また、アミノ酪酸も細胞を活性化させてターンオーバーを促進します。

失われてしまったセラミドを足してあげることも大切です。

ターンオーバーは短すぎてもダメ!

ターンオーバーは短すぎてもいけません。

敏感肌の場合は、ターンオーバーが短すぎることのほうが、むしろ深刻な事態を招くことがあります。

敏感肌で炎症をおこしている肌は、かきむしったりすることで、細胞がごっそり剥がれ、新しい細胞が最上部にきてしまうことがあります。

まだ成熟していない細胞が皮膚の最上部にあってもバリア機能は発揮できず、肌はさらにボロボロになってしまいます。

無理なピーリングはNGですし、このような肌の場合は細胞を修復する成分が必要です。

細胞を修復する成分と知られているのはペプチド。またボロボロになってしまったバリア機能を修復するのは、セラミドです。

セラミドは短すぎたりターンオーバーにも、長過ぎるターンオーバーにも効果を示すので、敏感肌の人は積極的に取り入れるようにしましょう。

脱・敏感肌のために読んでおきたいページ

敏感肌の方に
贈りたい!

おすすめ化粧品
ブランドランキング

肌に優しいのは当たり前!荒れた肌をいたわりつつ、元気な肌に育ててくれる化粧品ブランドを厳選して比較。ランキングにまとめました。

 

健康肌に
生まれ変わろう!

敏感肌のスキンケア
対策法まとめ

敏感肌の原因ってなに?スキンケア化粧品の選び方は?…そんな疑問をまとめて解決!健康肌に生まれ変わりたい方必見です!

 

あの美容家から
美肌をつくるコツを学ぼう!

敏感肌を変える
美肌セミナー一覧

プロからスキンケアのコツを学べる美肌セミナー5つをご紹介! 有名な美容家からお手入れテクを教えてもらいたい人、あつまれ~!

 

このサイトについて

このサイトは私マイが個人的に収集した情報から成り立っています。
商品にかんする最新・詳細情報は各化粧品ブランドのHPからご確認ください。

Copyright (C) 脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 All Rights Reserved.

↑