脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 > 敏感肌向けスキンケアで注目したい成分はこれだ! > 【特集】化粧品成分のウソ・ホント

【特集】化粧品成分のウソ・ホント

間違って広まっている化粧品成分のイメージについて、特集ページを設けました。オーガニック化粧品の実態や肌トラブルの有無、化粧品の全成分表示の盲点、界面活性剤の危険性や肌荒れとの関係について解説します。

その1:オーガニック化粧品が絶対安全なわけではない

界面活性剤って安心なんだ!「オーガニック化粧品」「オーガニックコスメ」のオーガニックは、有機という意味です。化学的な成分は使用せず、有機農法で栽培した植物の成分だけが入っているイメージを与えます。

確かにオーガニック化粧品には有機栽培による植物のエキスが入っているのでしょう。でも、100%がそうというわけではありません。

たった1種類・1滴でもオーガニック成分を使用していれば、「オーガニックコスメ」として発売することができるのです。

日本にはオーガニックコスメを認定する機関がなく、規格も整っていません。オーガニックコスメだからといって、化学的な成分が入っていないとは限らないのです。

オーガニックコスメはまだ歴史が浅く、防腐剤があまり入っていなかったために菌が繁殖し、回収となった例もあります。

また、効果ががなかったり、安定性の悪いものもチラホラ。アレルギーなどが生じないというわけでもありません。

言葉のイメージだけで化粧品を選ぶのではなく、実際にトライアルセットなどを使用してみてから購入するのがベストです。

その2:化粧品の全成分表示と肌トラブル

化粧品は現在「全成分表示義務」のもと、化粧品に配合した成分をすべて容器などに表示しなければいけません。すべての化粧品がどんな成分を配合しているか、私たち消費者がわかるようになっています。

ところが、化粧品の原料を抽出するときに使ったり、原料を安定させるために使う「キャリーオーバー」は、表示義務がありません。それがアルコールであっても表示する義務はなく、その上「アルコールは無添加」とうたうことができます。

こう考えると「全成分表示義務」は完全な制度ではなく、キャリーオーバーを調べる術もありません。

表示成分の中には危険なものがなかったのに肌トラブルが生じたとしたら、それはキャリーオーバー成分が関係しているのかもしれません。

全成分表示義務も完全に信じられる制度ではないので、自分の肌を信じ、トラブルがあったらすぐに使用を控えるようにしてください。

その3:界面活性剤の危険性と肌荒れの関係

「界面活性剤」には、何となく悪い印象を持っている人もいることでしょう。なぜなら、多くの敏感肌用化粧品などに「合成界面活性剤不使用」といった表示がされているからです。

しかし界面活性剤は洗剤や洗顔、シャンプーなどには不可欠なもの。油分と水分を混ぜてその状態を保ってくれるものです。食品でも、マヨネーズやバターなどに使われています。そもそも界面活性剤は、人体や植物にも存在するもので、悪いものではありません。

合成界面活性剤も決して悪い物ではありません。合成の界面活性剤は食品や医薬品、化粧品にもたくさん使われていますが、天然の界面活性剤よりも安定性が高く安全に使用できます

敏感肌によくない界面活性剤は、石油系のもの。石油から作られた界面活性剤は肌に残り、バリア機能を低下させたり肌に刺激を与えます。

合成界面活性剤と石油系界面活性剤は同じものではなく、前者は安全なものであると覚えておいてほしいと思います。

脱・敏感肌のために読んでおきたいページ

敏感肌の方に
贈りたい!

おすすめ化粧品
ブランドランキング

肌に優しいのは当たり前!荒れた肌をいたわりつつ、元気な肌に育ててくれる化粧品ブランドを厳選して比較。ランキングにまとめました。

 

健康肌に
生まれ変わろう!

敏感肌のスキンケア
対策法まとめ

敏感肌の原因ってなに?スキンケア化粧品の選び方は?…そんな疑問をまとめて解決!健康肌に生まれ変わりたい方必見です!

 

あの美容家から
美肌をつくるコツを学ぼう!

敏感肌を変える
美肌セミナー一覧

プロからスキンケアのコツを学べる美肌セミナー5つをご紹介! 有名な美容家からお手入れテクを教えてもらいたい人、あつまれ~!

 

このサイトについて

このサイトは私マイが個人的に収集した情報から成り立っています。
商品にかんする最新・詳細情報は各化粧品ブランドのHPからご確認ください。

Copyright (C) 脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 All Rights Reserved.

↑