脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 > 敏感肌向けスキンケアで注目したい成分はこれだ! > 避けたい成分

避けたい成分

化粧品にはさまざまな成分が配合されていますが、肌荒れや肌トラブルを招く危険な化粧品成分もあります。その一部をご紹介しましょう。

肌荒れや肌トラブルを招く危険な化粧品成分

使ってはいけない成分「無添加」「敏感肌用」とされている化粧品も、 添加物がいっさい入っていないわけではありません

こういった化粧品に入っていないのは旧厚生省が指定したとくに高い毒性が認められる102の成分です。これを「旧指定成分」といいます。

確かに 旧指定成分が入っていないことは大切ですが、刺激を与える成分はほかにもたくさんあります

  • ジエタノールアミン(DEA)・トリエタノールアミン(TEA)・ラウリル硫酸ナトリウム
    石けんや洗顔料に配合されるジエタノールアミン(DEA)やトリエタノールアミン(TEA)は、長期間使い続けることで有毒となる場合があります。
    ラウリル硫酸ナトリウムも、アレルギーなどを引き起こすことがある成分です。
  • FD&C・D&C(合成着色料)
    合成着色料のFD&CやD&Cは、肌に刺激を与える上、発ガン性があるという説も。
    合成香料も化学物質を使用しているため、アレルギーを引き起こすことがあります。

敏感肌用化粧品に入っている防腐剤は安全?危険?

敏感肌用化粧品は刺激の少ない内容にするため、こういった合成着色料や合成香料は使用されることがあまりありません。

石油系合成界面活性剤や鉱物油なども添加していない化粧品ばかり。しかし、防腐剤は使われているようです。

防腐剤は怖いイメージがありますが、防腐剤が入っていない化粧品は、すぐに痛んでしまって使えなくなります。細菌が繁殖してしまった化粧品を使うほうが、かえって怖いので、防腐剤はどうしても必要です。

パラベンなど刺激の強い防腐剤はあまり使われることがないようですが、 刺激の弱い防腐剤は大量に配合しないと、防腐剤としての役目を果たさないこともあるようです

防腐剤にはさまざまな種類があり、化学的に作られたものの中にも刺激が少ない成分があります。

効き目のある防腐剤をほんの少し配合しているのか、効き目の少ない防腐剤を大量に配合しているのかは、私たちにまで伝わってこないのが現状です。

手っ取り早いのは、シンプルケアで刺激を排除すること

実際のところ、何が刺激になるかは人によって異なります。信頼できるブランドのものを選び、 トライアルセットなどでトラブルがおこらないかを試すのがもっとも安心かもしれません。

またいろいろな化粧品を重ねて塗るのではなく、 シンプルなケアにすることが、肌に負担をかけないいちばんの方法 化粧品を使えば使うほどさまざま成分が顔の上に乗ることになり、何が刺激を与えるかわからないからです。

何度も肌を手でこすることで摩擦による負担も与えます。シンプルなケアでしっかり保湿できる化粧品が、敏感肌の場合はベストだといえます。

脱・敏感肌のために読んでおきたいページ

敏感肌の方に
贈りたい!

おすすめ化粧品
ブランドランキング

肌に優しいのは当たり前!荒れた肌をいたわりつつ、元気な肌に育ててくれる化粧品ブランドを厳選して比較。ランキングにまとめました。

 

健康肌に
生まれ変わろう!

敏感肌のスキンケア
対策法まとめ

敏感肌の原因ってなに?スキンケア化粧品の選び方は?…そんな疑問をまとめて解決!健康肌に生まれ変わりたい方必見です!

 

あの美容家から
美肌をつくるコツを学ぼう!

敏感肌を変える
美肌セミナー一覧

プロからスキンケアのコツを学べる美肌セミナー5つをご紹介! 有名な美容家からお手入れテクを教えてもらいたい人、あつまれ~!

 

このサイトについて

このサイトは私マイが個人的に収集した情報から成り立っています。
商品にかんする最新・詳細情報は各化粧品ブランドのHPからご確認ください。

Copyright (C) 脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 All Rights Reserved.

↑