脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 > 【基礎編】 今日からできる敏感肌らくらく改善テク > 飲料水・生活水を変える

飲料水・生活水を変える

敏感肌がなかなか改善されない人は、水やお風呂のお湯に原因があるのかも。塩素入りの水道水が肌に合わない人もいるからです。水質改善アイテムや飲み水の選び方を紹介します。

水やお風呂が敏感肌の原因?

人によっては、飲料水や入浴が敏感肌の原因になっていることがあります。それには塩素が関係しています。

私たちが利用している水道水は、雑菌や細菌を滅菌する目的で塩素剤が使用されています。

しかし水道水にはどうしても残留塩素が残ってしまいます。塩素には体の細胞を酸化させる作用があり、これが肌に刺激を与えてしまうのです。

塩素が身体や肌に与える影響

塩素が残っている水を飲むと胃粘膜が破壊されたり、消化力が落ちます。その結果、食物アレルギーなどが起こりやすくなります。

腸にも影響があります。塩素は善玉菌を減らし免疫力も下げるため食物アレルギーの原因になります。この胃腸への影響がアトピー性皮膚炎の原因の一つとも考えられています。

入浴については敏感肌の原因になるだけでなく、鼻や気管支の粘膜を破壊することから、花粉症やぜんそくの原因になることもあります。

手軽にできる塩素除去方法

  • ミネラルウォーターを飲む
    飲料水については、できるだけ水道水は飲まないようにし、ミネラルの豊富なミネラルウォーターなど、市販されているものを飲むほうがいいと思います。
    ミネラルウォーターには軟水と硬水がありますが、軟水のほうが刺激が少なくまろやか。そのぶんミネラルは少なくなりますが、軟水は赤ちゃんにも適した優しい水です。
  • お風呂の水は1日以上置いてから使う
    入浴については、ミネラルウォーターでお風呂を沸かすわけにいきませんが、塩素をできるだけ排除する方法もあります。
    お金をかけたくないなら浴槽に水をためて1日以上放置してから沸かす方法がおすすめです。ただ、難点は毎日お風呂に入るのが難しくなること。完全に塩素を除去できないことも欠点です。
  • ビタミンCを入れる
    維持費などお金はかかりますが、ビタミンC入りのフィルターを設置してみる方法や、ビタミンCを2g程度、お湯に入れる方法もあります。
    ビタミンCは塩素を中和させる働きがあるからです。
    ただし、この方法は残留塩素を中和させることはできるものの、お湯が強酸性になってかえって刺激になることがあります。

便利な塩素除去グッズも

塩素を吸着してくれるグッズお湯の残留塩素を除去する専用のグッズもあります。例えばセラミックボール。主原料は亜硫酸カルシウムで、残留塩素を分解する効果があります。

「湯上りカラダ美人」という製品も亜硫酸カルシウムによる塩素除去グッズです。お湯を弱酸性にキープしてくれるので、入浴が原因で肌荒れが起こっている人にピッタリ。

そのほかカルキを吸着する「麦飯石」の原石なども売られています。

ある程度の費用はかかりますが何度も繰り返して使用できるものが多いので、入浴でピリピリ感がある人は一度、使ってみるのもいいと思います。

脱・敏感肌のために読んでおきたいページ

敏感肌の方に
贈りたい!

おすすめ化粧品
ブランドランキング

肌に優しいのは当たり前!荒れた肌をいたわりつつ、元気な肌に育ててくれる化粧品ブランドを厳選して比較。ランキングにまとめました。

 

健康肌に
生まれ変わろう!

敏感肌のスキンケア
対策法まとめ

敏感肌の原因ってなに?スキンケア化粧品の選び方は?…そんな疑問をまとめて解決!健康肌に生まれ変わりたい方必見です!

 

あの美容家から
美肌をつくるコツを学ぼう!

敏感肌を変える
美肌セミナー一覧

プロからスキンケアのコツを学べる美肌セミナー5つをご紹介! 有名な美容家からお手入れテクを教えてもらいたい人、あつまれ~!

 

このサイトについて

このサイトは私マイが個人的に収集した情報から成り立っています。
商品にかんする最新・詳細情報は各化粧品ブランドのHPからご確認ください。

Copyright (C) 脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 All Rights Reserved.

↑