脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 > 【基礎編】 今日からできる敏感肌らくらく改善テク > スキンケアを見直す

スキンケアを見直す

敏感肌を引き起こす原因の一つは間違ったスキンケアでます。してはいけないNGケアや敏感肌のスキンケアの例を挙げてみましょう。

正しい敏感肌のスキンケアは?

やってはいけないスキンケア敏感肌はタイプや原因がいろいろとありますが、スキンケアの方法はある程度共通しています。大切なポイントは以下の4つです。

  • 優しい成分の化粧品を選ぶ
  • 水分を与え、しっかりフタをする
  • スキンケアはできるだけシンプルに
  • 洗顔でゴシゴシ肌をこすらない

肌が刺激に敏感になっているのが敏感肌。肌をいたわりながらセラミドなどで、きちんと保湿することが大切です。

しかし、実際には間違ったスキンケアによって敏感肌の状態を酷くしたり、場合によってはスキンケアが敏感肌の原因になっていることも。

とくに乾燥を原因とする敏感肌は、スキンケアや環境が原因になっていることがあります。

間違ったスキンケアが敏感肌を招く

敏感肌を招く間違ったスキンケアをいくつかご紹介しましょう。

過度な洗顔&メイク落としのやりすぎ

とくに脂性敏感肌の人は、毛穴の汚れや脂分をスッキリさせたいがために、必要以上に洗顔してしまうことがあります。

確かに洗顔直後はスッキリするのですが、必要な脂分まで落としてしまうと肌は「乾燥している!もっと脂分を出さなくちゃ!」と感じてしまい、脂分をどんどん分泌させます。

それが毛穴の詰まりや、ニキビの原因になるのです。

洗いすぎて肌を乾燥から守る皮脂や天然保湿因子・細胞間脂質(セラミドなど)も落としてしまうため、肌はますます弱々しい状態になります。

強いクレンジングや拭き取りメイク落としでも、同じことが起こりますので、注意が必要です。

乱暴なスキンケア

余分な角質を拭き取るローションは、古い角質が溜まってターンオーバーが乱れた肌に効果的。

しかし、もともとバリア機能が乱れて成熟していない角質層が表面にある敏感肌の場合、この方法は逆効果になることがあります。

コットンで叩き込んだり、マッサージのしすぎも肌に刺激となります。

つけすぎケア

メイク落とし→洗顔→拭き取りローション→先行美容液→ローション→美容液→目元用美容液→乳液→クリーム。こんなにたくさんのケアは行っていないとしても、これに近いケアを行っている女性はとても多いと思います。

しかし、ここまでステップの多いスキンケアは敏感肌には負担になります。肌に触る回数が増えるだけでなく、よりたくさんの成分が肌に触れるため、刺激を感じる機会が増えるからです。

肌への負担を減らすためには、摩擦回数を減らす意味でもシンプルなケアがいちばん

保水力とバリア機能を高めるためにセラミドなどの成分が入っている化粧品を選び、与えた水分を逃さないようにクリームもしくは乳液も使うようにしましょう。

また、オールインワンタイプの化粧品を使うのもおすすめ。一つの化粧品だけでケアができれば、肌への摩擦の負担は格段に減らすことができます。

脱・敏感肌のために読んでおきたいページ

敏感肌の方に
贈りたい!

おすすめ化粧品
ブランドランキング

肌に優しいのは当たり前!荒れた肌をいたわりつつ、元気な肌に育ててくれる化粧品ブランドを厳選して比較。ランキングにまとめました。

 

健康肌に
生まれ変わろう!

敏感肌のスキンケア
対策法まとめ

敏感肌の原因ってなに?スキンケア化粧品の選び方は?…そんな疑問をまとめて解決!健康肌に生まれ変わりたい方必見です!

 

あの美容家から
美肌をつくるコツを学ぼう!

敏感肌を変える
美肌セミナー一覧

プロからスキンケアのコツを学べる美肌セミナー5つをご紹介! 有名な美容家からお手入れテクを教えてもらいたい人、あつまれ~!

 

このサイトについて

このサイトは私マイが個人的に収集した情報から成り立っています。
商品にかんする最新・詳細情報は各化粧品ブランドのHPからご確認ください。

Copyright (C) 脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 All Rights Reserved.

↑