脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 > 【基礎編】 今日からできる敏感肌らくらく改善テク > 化粧品を変える

化粧品を変える

いま使っている化粧品で敏感肌が改善されないなら、その化粧品は合っていないとも言えます。敏感肌の化粧品の選び方を説明しましょう。

その化粧品、肌質に合っていますか?

敏感肌のスキンケアを見直す敏感肌を改善させる鍵となるのは、やはりスキンケアです。

肌に負担をかけないシンプルなスキンケアを心掛けるのと同時に、化粧品の成分を吟味する必要もあるでしょう。

いま使っている化粧品で敏感肌が改善されていないなら、化粧品を変える必要があります。

敏感肌に悩まされている人は多く、敏感肌用の化粧品もたくさん発売されています。しかし、「敏感肌用」「敏感肌の人向き」とうたわれている化粧品でも、人によっては合わず、敏感肌の症状を進めてしまう場合があります

アレルギー反応を起こしてしまう成分は人によって異なるため、Aさんにはピッタリな化粧品でも、Bさんには合わないということがあるからです。

敏感肌向き化粧品とは?

肌に合わない敏感肌用化粧品があるとは言っても、普通肌用よりも敏感肌用の化粧品を選ぶことは、敏感肌の人にとっては基本です。

敏感肌用の化粧品は、合成界面活性剤やアルコール、鉱物油、色素、香料といった肌に刺激を与える成分を極力抑えているからです。こういった化粧品は「無添加化粧品」と呼ばれています。

しかし、無添加とはいっても、肌に刺激を与える成分が一切入っていない…というわけではありません。無添加化粧品に入っていないのは、「旧指定成分」です。

これは旧厚生省が指定した102の成分のことで、とくに高い毒性が認められるもの。ところが、旧指定成分のほかにも肌に刺激を与える成分はたくさんあり、絶対に安全だとは言えません。

「無添加」とされているからといって、化学的に合成された成分が入っていないというわけではないのです。

敏感肌の化粧品の選び方

「無添加化粧品」「敏感肌用化粧品」が絶対に安全だとは言い切れない中で、どのように化粧品を選べばいいのでしょうか。

成分の優しい化粧品の中でも、クレンジング・洗顔から化粧水、美容液、乳液、クリームまで、すべてで揃えないといけないような化粧品は避けましょう。

何種類もの化粧品を使うことで、肌に摩擦の負担を与えるからです。また、それだけ多くの成分が肌に乗ることで、合わない成分が出てくる可能性があります。

敏感肌の人はできるだけシンプルなケアでしっかり保湿でき、成分が優しい化粧品を選ぶのがベスト。

もともと私たちの肌に備わっているセラミドやコラーゲンなど、肌に近い成分の化粧品を選びましょう。

また、化粧品を変えるときは、できればトライアルセットなどを使い、使用感を確かめてから本格的に使い出すのがいいでしょう。

トライアルセットは使用できる時期が短いものですが、効き目を見極めるものではなく使用感を確かめるものです。

化粧品は短期間で効果をあらわすものではなく、しばらく使わないとその善し悪しはわかりません。

それよりも肌に合うか、問題がおこらなかったかを見極めるために利用しましょう。

脱・敏感肌のために読んでおきたいページ

敏感肌の方に
贈りたい!

おすすめ化粧品
ブランドランキング

肌に優しいのは当たり前!荒れた肌をいたわりつつ、元気な肌に育ててくれる化粧品ブランドを厳選して比較。ランキングにまとめました。

 

健康肌に
生まれ変わろう!

敏感肌のスキンケア
対策法まとめ

敏感肌の原因ってなに?スキンケア化粧品の選び方は?…そんな疑問をまとめて解決!健康肌に生まれ変わりたい方必見です!

 

あの美容家から
美肌をつくるコツを学ぼう!

敏感肌を変える
美肌セミナー一覧

プロからスキンケアのコツを学べる美肌セミナー5つをご紹介! 有名な美容家からお手入れテクを教えてもらいたい人、あつまれ~!

 

このサイトについて

このサイトは私マイが個人的に収集した情報から成り立っています。
商品にかんする最新・詳細情報は各化粧品ブランドのHPからご確認ください。

Copyright (C) 脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 All Rights Reserved.

↑