脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 > 年齢別 肌荒れの原因&改善対策室 > 30代

30代

まだ肌の回復力がある30代ですが、敏感肌の場合はケアを怠るとその症状が一気に進むことも。肌荒れやトラブルを回避するコツを紹介します!

30代の肌荒れの原因

30代の肌荒れ30代になると女性ホルモンが減り始めることで、肌にさまざまなトラブルが生じてきます。女性ホルモンは肌を保湿したりキメを整える働きがあるので、減少することで肌が乾燥しやすくなり、キメも荒くなるのです。

新陳代謝も20代の頃に比べると低下するので、回復力も下がっていきます。

そして、小じわやシミもこの頃からジワジワと目立つように。仕事が忙しかったり、結婚や妊娠など生活の変化が、トラブルを招くこともあります。

もともと敏感肌だった人は肌の調子がさらに悪くなり、普通肌だった人も敏感肌に変化することがあります

30代の敏感肌対策

30代の敏感肌も20代と同様で、もっとも大切なのは保湿です。バリア機能を低下させないよう、自分の肌に合う刺激の少ない化粧品でしっかり保湿してください

おすすめの成分は、ずばりセラミド。セラミドは10代の中頃をピークに徐々に減っていくからです

バリア機能を高めるためには、セラミドは効果大!肌のターンオーバーも正常に保つ働きがあります。

洗顔やメイクについても工夫が必要です。30代の女性の多くは毎日メイクをしていますが、敏感肌の場合は厚いメイクはよくありません。

とくに、悪影響を与えるのがファンデーション。

洗顔後、化粧水や美容液、化粧下地、日焼け止めをつけてリキッドファンデーション、コンシーラー、パウダーファンデーション……。これだけたくさんの化粧品を顔につけるということは、それだけたくさんの成分をつけているということ。肌に刺激となる成分が含まれている可能性も大です。

また、ファンデーションはクレンジングを使わないと落ちないもの。塗っていることも負担になりますが、メイクを落とす際にも、肌にダメージを与えます

薄いメイクでできれば、ソープや石けんで落とせるので、お休みの日はナチュラルメイクにとどめておくといいでしょう。

30代のケアが将来を決める?

紫外線にも注意が必要です。この頃に日焼けをしてしまうと、シミとなってあらわれます。肌の回復力も落ちてきているので、10代のような回復は望めません。敏感肌の人はとくに注意が必要です。

10〜20代の頃よりもさらに慎重に自分の肌に合った化粧品を選ぶことも大切。30代でしっかりケアしたお肌は、40代、50代になったときに衰えにくくなります

敏感肌の人は女性ホルモンがますます減少する40代に入る前に、できるだけ改善するように努力しておきましょう。

化粧品だけでなく食生活や生活習慣を見直して、肌を根本から元気にすることを心掛けてほしいと思います。

脱・敏感肌のために読んでおきたいページ

敏感肌の方に
贈りたい!

おすすめ化粧品
ブランドランキング

肌に優しいのは当たり前!荒れた肌をいたわりつつ、元気な肌に育ててくれる化粧品ブランドを厳選して比較。ランキングにまとめました。

 

健康肌に
生まれ変わろう!

敏感肌のスキンケア
対策法まとめ

敏感肌の原因ってなに?スキンケア化粧品の選び方は?…そんな疑問をまとめて解決!健康肌に生まれ変わりたい方必見です!

 

あの美容家から
美肌をつくるコツを学ぼう!

敏感肌を変える
美肌セミナー一覧

プロからスキンケアのコツを学べる美肌セミナー5つをご紹介! 有名な美容家からお手入れテクを教えてもらいたい人、あつまれ~!

 

このサイトについて

このサイトは私マイが個人的に収集した情報から成り立っています。
商品にかんする最新・詳細情報は各化粧品ブランドのHPからご確認ください。

Copyright (C) 脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 All Rights Reserved.

↑