脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 > 年齢別 肌荒れの原因&改善対策室 > 50代

50代

閉経や女性ホルモンの減少は、この年代の女性なら誰でも経験するもの。美肌の人と衰えた肌の差があらわれやすい時期でもあります。50代の肌荒れケアのポイントを解説します。

ホルモン減少によってさまざまなトラブルが

きちんとお手入れされた肌50代で多くの女性は閉経を経験することになります。年齢を重ねるごとに徐々に減っていた女性ホルモンがさらにガクンと減少。体調や肌にさまざまな影響があらわれます。

深刻な敏感肌の場合は、ターンオーバーが正常に行われずに未熟な細胞が肌表面に出てしまうことも。そこまでひどくない敏感肌の場合でも、肌の周期は遅くなります。

正常なターンオーバーは28日周期なのに対し、50代のターンオーバーは70日以上!そのため、くすみや乾燥がおこり、潤い不足によってしわやたるみも目立つようになっていきます。

50代の肌荒れの原因

瑞々しい健康な角質層であれば刺激から肌を守ってくれますが、ただでさえバリア機能が衰えている敏感肌。加齢によってさらにセラミドが不足してくると肌荒れがおこります。赤みやかゆみが改善しなかったり、肌表面がカサカサしたり、今まで問題なく使えていた化粧品が滲みるようになる事もしばしば。

シワもくっきりと刻まれるようになったのに、これまで使用していた化粧品が肌に合わなくなったり効果があらわれなくなったとき、片っ端からあらゆるエイジングケア化粧品を試してみたくもなるでしょう。

しかし、成分の豊富すぎる化粧品は、かえって肌の状態を悪化させてしまうこともあります。

反対に、そこでスキンケアをあきらめてしまう人も少なくありません。

保湿を怠り、肌を放置したまま。そこで乾燥がさらに進み、敏感肌特有のトラブルが次々とおこることもありえます。

セラミドでバリア機能を高めるケアを

50代の肌を落ち着かせるために必要なのは、やはり保湿です。

まずは、セラミドを補ってバリア機能を高めた上で優しい成分の美容液などを使うようにしましょう。

もしアンチエイジング用の化粧品を購入するなら、肌質に合うかどうかサンプルやトライアルセットで試すようにしてください。

ほかの年代の敏感肌とも同様のケアになりますが、次のポイントを頭に入れておきましょう。

  • まずは肌を強くするため、セラミドを補ってバリア機能を高める
  • 毎日メイクしない、もしくは薄いメイク(ファンデーションは使わない)
  • 日傘や帽子で紫外線を防ぐ
  • 日焼け止めを使うならSPF20程度のものを選ぶ
  • ソープや石けんの泡でやさしく洗顔
  • 肌を何度もこすらないようケアはシンプルに

肌に悪い添加物や脂分の多い肉類はできるだけ食べないようにし、甘いものも摂りすぎに注意しましょう。

たっぷり睡眠をとってストレスを発散させるよう、何か趣味を持つことも大切です。

脱・敏感肌のために読んでおきたいページ

敏感肌の方に
贈りたい!

おすすめ化粧品
ブランドランキング

肌に優しいのは当たり前!荒れた肌をいたわりつつ、元気な肌に育ててくれる化粧品ブランドを厳選して比較。ランキングにまとめました。

 

健康肌に
生まれ変わろう!

敏感肌のスキンケア
対策法まとめ

敏感肌の原因ってなに?スキンケア化粧品の選び方は?…そんな疑問をまとめて解決!健康肌に生まれ変わりたい方必見です!

 

あの美容家から
美肌をつくるコツを学ぼう!

敏感肌を変える
美肌セミナー一覧

プロからスキンケアのコツを学べる美肌セミナー5つをご紹介! 有名な美容家からお手入れテクを教えてもらいたい人、あつまれ~!

 

このサイトについて

このサイトは私マイが個人的に収集した情報から成り立っています。
商品にかんする最新・詳細情報は各化粧品ブランドのHPからご確認ください。

Copyright (C) 脱・敏感肌!最短で健康美肌に育てるスキンケア講座 All Rights Reserved.

↑